MENU

数万円を借りる場合の審査基準は低くなる

基本的にカードローンの審査は借りる金額が大きくなればなるほどに厳しくなるため、少額の利用に留める申し込みであれば審査にもいくらか通りやすくなります。もちろん安定した収入や借り入れの状況などの最低限の条件をクリアした上での話となりますが、特に問題がないようであれば数万円程度の申し込みであれば借りやすいです。

 

申し込み時には希望額の入力をし、審査の結果によって希望内容通りに融資ができるか、または上下した内容での融資となるかを決められます。希望額が大きければ慎重審査となるために回答に時間がかかる場合もあり、急ぎで借りたいといった方においても少額での申し込みの方が希望内容に近い借り入れができる可能性があります。

 

銀行のカードローンの場合には限度額が大きいため、どうしてもまとまった金額での借り入れを考えがちですが、何も銀行だからと言って数十万円や数百万円を借りなければいけないわけではありません。それこそ5万円や10万円だけ必要であっても銀行カードローンが利用できるので、金利の負担などを考えて少額の借り入れでも銀行を利用することは間違っていないのです。

 

僅かな借り入れの場合には消費者金融の利用と考える方が多いですが、限定する必要はありません。銀行カードローンでの例えば10万円を借りる審査基準にクリアできるのであれば返済を考えると銀行の方が良いので、借り入れ金額問わずに銀行カードローンの利用をまずは考えてみると良いでしょう。