MENU

おまとめでカードローンを使うなら重視すべき点

生活費などでの借り入れではなく、おまとめローンとして銀行のカードローンを利用する場合には、まずは金利をしっかりと見なければなりません。今現在の借り入れと比べて金利がどれほど軽くなるのか、どの程度の金利負担の低下が期待できるのかをまずは見ておかないと、おまとめローンで失敗をしてしまう可能性があります。

 

その他にも重視をすべき点があり、毎月の返済金額については特に注意が必要です。カードローンの中には金利が低くても毎月の返済金額が小さくないものがあり、毎月の返済金額を縮小する目的でおまとめローンを利用しようと考えている方は、金利だけを見ると希望通りのおまとめローンが利用できない可能性があります。

 

金利が低くなれば毎月の返済も軽くなると考えられがちですが、必ずしもそうとは限りません。もともとの借り入れ先の返済金額が少ないタイプのものであった場合には、おまとめローンの利用によって毎月の返済が大きくなってしまう可能性があります。

 

それでも金利が下がっていれば最終的な返済金額は少なくなるのですが、おまとめローンの目的が毎月の返済負担の低下であった場合にはおまとめローンの利用で失敗をしてしまうことになるのです。

 

折角のおまとめローンを失敗させないためには、やはり慎重な選択や比較が必要となります。基本を抑えたおまとめローンの選び方を進め、今後の返済が楽にできるようにしておきましょう。